愛加那


あいかな。西郷隆盛の2人目の妻で、奄美大島での島妻。父は奄美大島・龍郷(たつごう)の名家である龍家(もと田畑家)の一族、龍佐恵志(りゅう・さえし=愛加那が6歳の頃に死亡)。母は枝加那(えだかな)。異母きょうだいを含め5人きょうだいの4番目(次女)。幼名は於戸間金(おとまがね/おとまがに)。「於」は尊称、「金」は加那の古称なので、名は「とま」。結婚したときに西郷が「愛」の名を与え、愛加那(本土ふうにいえば愛子)と名を変える。

西郷との結婚

安政6年11月8日(1859年12月1日)、西郷隆盛と結婚する。西郷31歳、愛加那23歳。

西郷はその前年の安政5年11月16日(1858年12月20日)に月照とともに錦江湾(きんこうわん=鹿児島湾)で入水、一命をとりとめて、菊池源吾と変名し、奄美大島に送られていた。藩命は罪人としての「遠島」ではなく、幕府の目から逃れるための「潜居」である。よって島の代官所から禄をもらって龍郷(たつごう)の借家で暮らし、次弟の吉二郎はじめ鹿児島からもたびたび品物が届いていた。安政7年2月25日(1860年3月17日)には藩主島津忠義から「菊池源吾留守家族」に25両の下賜金も出ている。

文久元年1月2日(1861年2月11日)、菊次郎が生まれる。「菊」は西郷の島での名、菊池源吾から。長子にもかかわらず「次郎」とした理由には諸説ある(逸話の項を参照)。 

文久元年11月20日(1861年12月21日)、龍郷の新居(8畳と6畳の二間つづきの茅葺きの家)が落成して家族で移るが、引っ越した翌日に藩からの召喚命令が届く。そのとき愛加那は2人目の子を身ごもっていた。

薩摩藩には島妻(とうさい)制度があり、島妻を連れ帰ることは許されていなかった。西郷にかぎらず薩摩藩士はそれを当然のことと思っていた節がある。また、家族で暮らすための新居を建てた翌日に召喚命令が届いたという悲劇的な話になっているが、召喚の噂を聞いた西郷が、妻子に残すための屋敷を新築したと考えるほうが自然であろう。

別れに際し西郷は愛加那に、新築の屋敷と、新たに買った田一反を与えた。愛加那はそのとき形見として西郷の毛髪をもらっており、のちにこの毛髪の血液型鑑定により西郷がB型であったことが分かっている。

文久2年1月14日(1862年2月12日)、西郷が龍郷を離れる。結婚生活は約2年であった。

西郷との再会と別れ

藩命で呼び戻されて島津久光(斉彬の異母弟。藩主忠義の父)の上洛の準備にあたった西郷(西郷三助から大島三右衛門へ改名させられている)であったが、大久保利通の讒言(ざんげん)によって久光の怒りを買い(西郷はこれが大久保の謀略であることを知らない)、鹿児島帰還からわずか2カ月後の文久2年4月11日(1862年5月9日)に捕縛されて鹿児島に護送され、山川港(指宿市)で待命。6月6日(7月2日)、大島三右衛門から大島吉之助へ改名のうえ、徳之島への「遠島」の藩命が下る6月14日(7月10日)山川を出帆、屋久島を経て、奄美へ向かう。

文久2年6月30日(1862年7月26日)、西郷が奄美大島の西古見(にしこみ=瀬戸内町)に着き、数泊する。西郷は龍郷の島役人・藤長(とうちょう)宛てに書簡を出し、私が徳之島に参ったと知れば(愛加那が)渡りたいと言い出すだろうが、決して参らぬようお申し付けください、と書いている。

文久2年7月2日(1862年7月28日)、娘の菊草(きくそう)が生まれる。

文久2年7月5日(1862年7月31日)、西郷が徳之島に着く。西郷が徳之島に来たことを知った愛加那は徳之島へ移ることを決め、大島警護役として奄美大島に赴任していた桂久武(かつら・ひさたけ)のもとへ8月1日(8月25日)、愛加那の兄・富謙(ふけん)が菊次郎を連れて徳之島へ渡る暇乞いの挨拶に行っている。

西郷は、8月19日(9月12日)に届いた大島代官所の木場伝内(こば・でんない)からの手紙で菊草の誕生を知るが、翌8月20日(9月13日)返事を出し、「召し使いおき候女(愛加那)が決して渡海いたさざるようお頼み申し上げ候」と改めて書いている。

8月26日(9月19日)、愛加那が菊次郎と菊草を連れて、徳之島・岡前(おかぜん)の西郷のもとへ渡る。しかし鹿児島では7月14日(8月9日)にすでに、西郷の沖永良部島(おきのえらぶじま)への「遠島」命令が出されており、愛加那親子が渡った翌日の8月27日(9月20日)、遠島命令が徳之島に届き、西郷は徳之島・井之川に移される。愛加那親子はその翌日、奄美大島に帰る。

これも龍郷の新居の逸話と同様、翌日に藩命が届くという悲劇仕立てになっているが、沖永良部島へ移されるという話を聞いた西郷が、島役人たちの協力のもと妻子を徳之島に呼び寄せ、1週間ほど一緒に過ごしたと考えるほうが自然である。

愛加那親子が奄美大島に帰るとき、岡前で西郷を親身になって世話した島役人の琉仲為(りゅう・なかため)が帰島の面倒を見、仲為夫人は土産まで持たせている。仲為はその後、子の仲祐(なかゆう)を西郷のいる沖永良部島まで行かせている。

龍郷に戻ったあとも愛加那親子を、得藤長、木場伝内、桂久武らがよく面倒を見ており、西郷が多くの礼状を書いている。文久2年12月11日(1863年1月30日)、巡回で龍郷に来た桂久武の宿へ、愛加那親子が挨拶に行っている。

文久2年閏8月14日(1862年10月7日)、西郷が徳之島を出帆、沖永良部島に着く。 西郷が囚人として沖永良部島にいたのは1年半。沖永良部島では西郷は、島役人の土持政照(つちもち・まさてる)に世話になっている。

文久3年3月21日(1863年5月8日)、沖永良部島から奄美大島の藤長に出した書簡では、もし罪が赦されたら早速隠居して龍郷で暮らすつもりだ、罪の重い遠島のせいなのか年をとったせいなのか、気が弱くなり、子供のことが思い出されてつらい、強気の生まれつきなのにおかしなものだ、と書いている。

元治(げんじ)元年2月21日(1864年3月28日)、西郷が再び藩命によって召喚され、翌2月22日(3月29日)、沖永良部島・和泊(わどまり)を発つ。

西郷は、沖永良部島から鹿児島に戻る途中で奄美大島の龍郷に寄り、元治元年2月23日(1864年3月30日)龍郷着、3泊4日を妻子と過ごした。

元治元年2月26日(1864年4月2日)、西郷が龍郷を出帆。これが愛加那の、西郷との永劫の別れとなった。

子供との別れ

元治2年1月28日(1865年2月23日)、西郷が糸子(岩山イト)と結婚する。西郷は結婚直後に出張した京都から、元治2年3月21日(1865年4月16日)、龍郷の島役人藤長宛てに書簡を送り、子供のことが始終心に懸かり京都にいても折々思い出している、と書いている。親子が厄介になっている礼を述べたうえで、反物2反を送るので「豚子」(ぶたんこ=菊次郎と菊草のこと)にお渡しくださいと頼んでいる。

明治2年3月20日(1869年5月1日)の藤長宛ての書簡で西郷は、奄美大島に行くことができなくなったことを詫びる。西郷は戊辰の役で勝利して鹿児島に凱旋したあと、隠居するつもりであったが、湯治をしていた日当山(ひなたやま)温泉に藩主島津忠義が自ら来て藩の参与への就任を請うたため、「一両年は相勤め候わでは相済むまじく」なったのである。同書簡で「遺子ども」(菊次郎と菊草)が世話になっていることに厚く礼を言っている。

明治2年(1869)、菊次郎(8歳)が鹿児島の西郷家に引き取られる(月日は不詳)。西郷41歳、愛加那33歳頃。西郷が自ら奄美大島に行くことができなくなったためと思われる。西郷は明治2年7月8日(1869年8月14日)に、武村の屋敷を購入している。

明治4年1月3日(1871年2月21日)、菊次郎(10歳)が西郷に連れられて東京に移る。

明治5年2月28日(1872年4月5日)、菊次郎(11歳)が米国留学に出発する。

明治6年(1873)1月18日、西郷が愛加那に書状を送る。菊次郎がアメリカに学問修行に行っていること、甥の市来宗二(宗介)が同行していることを伝え、菊次郎の写真同封のうえ、年をとったせいか子供(菊草)のことを思い出すので、ぜひ母娘で本土に登ってくるように頼んでいる。

明治6年(1873)5月、西郷が叔父・椎原与右衛門に、奄美に行って菊草を連れてくるよう依頼するが、話が流れる。理由は不詳。西郷が5月から数カ月、病気であったためか。

明治7年(1874)頃、菊草(12歳)が鹿児島の西郷家に引き取られる(年月日不詳)。愛加那はこのあと菊草とは、生涯一度も会えないままであった。

明治8年(1875)4月26日、2年間の米国留学から前年帰国していた菊次郎(14歳)が、鹿児島の吉野開墾社(全寮制の農業学校)に入る。 

明治9年(1876)秋頃、菊草(14歳)が、いとこの大山誠之助(大山巌の弟)と婚約。愛加那40歳頃。

西郷の死後

明治10年(1877)9月24日、西南の役で西郷死す。出征した菊次郎(16歳)は右足の膝下を切断。

明治13年(1880)3月12日、菊草(17歳)が大山誠之助と結婚。菊草(菊子)の結婚後、菊次郎が奄美大島に帰り(年月日不詳)、愛加那と数年暮らす。

明治17年(1884)、菊次郎(23歳)が外務省入省のため奄美大島から東京へ移る。

西郷の七回忌が過ぎた明治16年(1883)から明治17年(1884)にかけて、西郷の遺児である寅太郎(正妻・糸子の長男)の留学と菊次郎の就職の動きが同時に起こる。明治天皇が「西郷の遺族はどうしているか」と尋ねたことが発端とする説、勝海舟が動いたとする説、吉井友実ら西郷に近かった薩摩出身者たちが西郷への罪滅ぼしに動いたとする説、など諸説ある。

明治28年(1895)、日清戦争後、菊次郎が台湾に赴任する際に奄美大島に寄り、愛加那を訪ねている。

明治31年(1898)、大島島司(とうし)笹森儀助らにより、屋敷の庭に西郷南洲流謫地の記念碑(碑文は勝海舟)が建立され、愛加那も記念式典に列席。

明治35年旧暦8月27日(1902年9月28日)、愛加那没。65歳。雨の降るなか一人で畑に行き、農作業の途中で倒れてそのまま息を引き取った。菊次郎は母の死を知らせる電報を台湾で受け取った。菊次郎が京都市長になる2年前である。

愛加那は生涯、奄美を出ることなく、西郷にもらった家(現在、「南洲謫居跡」として復元されている)で暮らした。兄・富謙の次男・丑熊を養子にしているが、その事情は不明。菊次郎の子・隆治(たかはる、昭和52年7月6日没)が昭和5年に龍郷の田畑家墓地に建立した愛加那の墓の銘は、「龍愛子」となっている。